転職エージェント 無料で利用できる理由

以前、看護師の求人を探す場合看護師専門の転職エージェントを利用するのがいいと書きました。転職エージェントは厚生労働大臣の認可を受けている安心なサービスで、正式な名称は「有料職業紹介事業者」と言います。転職エージェントは転職希望者が利用するのに一切の料金がかかりません。転職を希望する側からすると利用するのに料金がかからないことはとてもありがたいことです。でも無料と聞くと不安を感じるかもしれませんね。では、なぜ転職エージェントは無料で利用できるのでしょうか、また転職エージェントはどこから収入を得ているのでしょうか。

看護師専門の転職エージェントは、看護師を募集している病院やクリニックなどの医療機関から報酬を得ています。転職エージェントが紹介した人の採用が決まれば、求人側である医療機関から採用が決まった人の年収の何割かが成功報酬として支払われます(割合はエージェントにより違うようです)。

一般的な求人広告などで人材を募集した場合、たくさんの応募者があったとしても医療機関が求める人材が集まるとは限りません。しかし転職エージェントを利用すれば、細かな条件や漏らしたくない情報を公にすることもなく、また手間をかけずに医療機関が求める人材を紹介してもらうことが出来ます。その他のメリットとして、採用が決まるまで費用を払う必要はありません。

無料で利用できるしくみがわかると不安もなくなり、安心して利用できるのではありませんか。

看護師向けの転職フェア

a0008_001832以前看護師が転職をしようと考える場合、次の新しい職場を探す方法としてハローワークや求人雑誌などで探す他に看護師専門の転職支援サービスのサイトを利用する方法があると書きました。無料で利用出来ますし、非公開情報を得ることも出来るなどメリットがいろいろありますが、他にも方法があるようです。それは看護師向けの「転職フェア」です。転職フェアと聞くと、会社員の人たちをイメージしていたのですが、看護師向けの転職フェアもあるんですね。転職フェアとは全国さまざまな場所で行われている転職希望者を対象にした企業の合同説明会のことです。看護師が対象なので、病院などの医療施設や医療機関になりますね。転職フェアを主催しているのは転職サイトや新聞社などが多いようです。

病院や医療施設が一同に集まるので、一度にいくつもの病院や医療施設の人事担当者やスタッフと直接話をしたり質問したりすることが出来ます。直接話をしたり質問をしたからと言って、それが面接というわけでは有りませんから気楽に話が出来るんではないでしょうか。転職フェアは大体、どこも入場が無料で予約も必要ないようですし、また入退場も自由、履歴書不要となっているようですから、気軽に参加してみるのもいいのではないでしょうか。

潜在看護師

a1180_000836 看護師の資格はあるのにいろいろな事情で看護師の仕事をしていない元看護師はたくさんいるようです。

「潜在看護師」という言葉を知っていますか?

今回私も初めて知りましたので、調べてみたいと思います。

「潜在看護師」とは、初めにも書きましたが看護師の資格があるのに今現在は看護師の仕事をしていない元看護師のことです。働きたいのに働けない人もいるようで、慢性的に看護師が不足している話を聞くととてももったいない気がします。働きたいのに働けない理由には、「家庭と仕事の両立が出来ない」「小さな子どもがいる」などいろいろあるようです。

現在看護師の仕事をしていない人の中には、職場復帰を望んでいる人も多いそうなのですが、不安があり復職できていないそうです。不安を感じる理由には、「仕事をしていない間にも医療技術や看護技術も進歩していて、それに対応することが出来るのか」「以前の技術や知識を覚えているのか」などがあるようです。人の命にかかわる仕事ですから、ミスは許されませんし、簡単には復帰しにくいのかもしれません。

そういう方たちの職場復帰がしやすいようなサポートがもっと充実すれば看護師不足も少しは解消できるのではないかと思います。

転職支援サービス

現役看護師の約8割の方が転職の経験をしたことがあるそうです。さらにそのうち約5割以上の方が2回以上転職をしたことがあるというデータがあるそうです。ということは転職と言っても看護師を辞めてしまうのではなく、今より良い条件を求めて転職するということなんですね。

看護師が転職するとき、新しい職場を見つけるにはどのような方法があるのでしょうか。ハローワークや求人雑誌、広告でも探すことが出来そうですが、情報が少ないらしいです。特にハローワークは公的な機関なので、情報があふれていそうなイメージですが、ハローワークを利用しても分からない非公開求人というものがあるらしいのです。

非公開求人とは、一般の求人情報機関では募集されていない求人情報です。これは人気の病院が公に募集をかけて応募が殺到するのを防ぐことや、募集の人数が1、2人と少ないためだそうです。看護師の求人情報のほとんどは非公開求人だと言われているそうです。

この非公開求人の情報を得るには、看護師専門の転職支援サービスのサイトを利用すれば出来るようです。

転職支援サービスを利用するには、ネットでの登録(無料)をします。専門のコンサルタントに希望の勤務条件などを伝えたり、相談したりして自分に合った職場を探してもらいます。また、自分では直接聞きづらいこともコンサルタントが代わりに聞いてもらえるそうです。

こういうサービスを利用して、より良い職場で働くことが出来るようになればいいですね。

看護師 職場の環境

知り合いと病院の話をすると結構な確率で先生や看護師の患者さんに対する態度の話が出ます。「あの病院は先生は愛想ないけど、看護師さんはすごく優しかった。」「あそこの看護師さんは子供にニコニコしてくれて、良かったわ」など。先生の腕が良いのが一番大事とは思いますが、やはりそこに働くスタッフの患者さんに対する態度は患者からすると大事です。長く通院する場合は接する機会も多くなるのですから、尚更です。病気一つもなく、ずっと健康でいられたら幸せですが、実際はなかなかそうはいきません。もし、健康で病気をしない人でも予防接種や健康診断を受けたり、お子さんを持つ親御さんなら看護師さんに接する機会も出てきます。
高齢化が進み、医療を受ける人が増加しているのに、看護師さんは不足しています。人員不足で激務な上、医療ミスがないように細心の注意を払って仕事をしているのですから、本当に大変な仕事だと思います。せっかく看護師になっても辞めてしまう人がいても仕方がないかもしれません。
知り合いで、生活が不規則で仕事も大変だからということで、看護師から府の保健婦さんに転職しました。もっと働きやすい環境があれば看護師になりたい人も増えるでしょうし、転職を考える人も減ると思います。
体が疲れてしまっていたり、気持ちに余裕がないと、ミスをしてしまったり患者に優しく接することも出来なくなる事もあるかもしれません。そんなことが起こらないような職場環境になれば、患者としても安心してお任せする事が出来る気がします。

転職先の決定について

転職先の決定についてについて今回は書きたいと思います。転職先の決定を最近急いでいる人が多いんじゃないかなあというのを感じてです。年末が近づいて、新年までには絶対新しい職場を決めておきたい、という気持ちもわかるのですが、一度落ち着いて止まってみてはどうでしょうか?まず、転職はみなさんのゴールではありませんよね。あくまでも転職は、みなさんが今までよりもよりよい環境で働きたいという願いを叶えるために必要な行動ですよね。転職活動が長くなってしまうと、このことを忘れてしまうことがよくあります。これは大学生が就職活動するときにも同じ事が言えて、これからの自分の人生を決めるための就職活どうのはずが、就職を決めることがゴールになってしまって、就職が決まった後にもう一度悩みなおさなければいけないということが起こりがちです。そういうことを起こさないためにも、この年の暮れを良いタイミングとして、一度ゆっくりと自分の求めているものについて考えなおして見るのがいいと思います。私の友人は、毎年年末に富士山に上り、初日の出を富士山の頂上から見ることで心をリセットしていると言いますが、みなさんもどうでしょうか。新しい職場ではもちろん、今の職場よりももっと長い間働く予定ですよね?そういうことであれば、なおさら、職場選びには力を入れるのがいいと思いますよ。実際に職場選びを急ぎすぎて後から後悔した人たちを見た私からの皆さんへのアドバイスです。どうかがんばってくださいね。

東京と大阪の違い

東京と大阪では、本当に患者の元気さが違うなあと感じました。大阪では、やはり圧倒的に元気な人が多いです。病院の談話室などで、おっちゃんが笑いながら「あきまへんわ。わし、もうあと半年しか命ない言われましてん」と言っているのを聞いたときには、ひっくり返りそうになってしまいました。しかし、そのおっちゃんは、そのあと、なんと5年も生きたのです。人間の強さを見せてもらった上に、やっぱり病は気から変わっていくんだなあということを肌で実感しました。がんの患者さんを見ていると、やっぱりネガティブな人程早く弱って行っているように見えます。東京で現在看護をやっていて、患者とのやりとりに疲れてしまった、というひとがいれば、一度大阪の病院で就職してみる事をおすすめします。そうすれば、患者のやり取りに疲れることなどなく、逆に元気をもらえるようになるかもしれませんよ。ちなみに、転職のコンサルタントも、東京より大阪の人の方が断然楽しく相手をしてくれます。やっぱりこういうのって、土地柄が出るみたいですね。だとすれば、沖縄の転職エージェントとかに行った場合、すごくのんびりした対応になるのでしょうか。ちょっと想像したら笑えますが、実際に有り得そうなのでなんとも言えない気分になりますね。全国の転職エージェントを比べてみてみたくなって来ました。東京都大阪の違いは本当にでかいなあと思いましたが、大阪の元気さが苦手なひともイますので、自分が今元気いっぱいか、適度なクールさか、どちらをもとめているのかをはっきりさせましょう。

大阪の求人サイトの選び方2

看護師で転職をしたいなら、看護師専門の転職エージェントを利用するのがいいでしょう。たとえば、看護師の求人を大阪で探したいのなら、「カンゴシティ」や「看護roo!」「看護師メディカル求人バンク」などが人気のようですね。「カンゴシティ」は、大阪など関西の看護師の求人情報をたくさんもっていて、関西最大級の求人サイトとして有名なんだそうですよ。コンサルタントの交渉能力も高いのだそうです。それに、面接の前に、希望者には、見学する機会というのをあたえてくれるのだそうですよ。そして、「看護roo!」は、大阪だけでなく、関西と首都圏・東海にも強い求人サイトのようです。非公開の情報をたくさんもっているというのも魅力のひとつですよね?また、コンサルタントが事前に求人先を訪問しているので、細か疑問などにも答えてくれるというのも嬉しいですよね?この「看護roo!」は看護師からの満足度も高く、希望通りの職場が大阪で見つかったなどの声があがっているそうですよ。そして、「看護師メディカル求人バンク」ですが、こちらは、なんとコンサルタントが全員、医療従事経験者なんだそうです。これは、かなりの魅力ですよね?専門知識が他とはやはり違うようです。悩みを相談して、わかってもらえる確率も高いですからね。大阪や神戸などの求人を多く扱っているそうですよ。このほかにもいろんなエージェントがあります。もちろん、大阪を中心としているエージェントもまだまだありますよ。

大阪の求人サイトの選び方

看護師専門の転職エージェントを選ぶ際、ポイントとなる点がいくつかあります。看護師の求人を東京で探す場合と大阪で探す場合も選ぶエージェントがかわってくるようです。看護師の求人を東京で探そうと思えば、やはり東京に強いエージェントで、大阪であれば、大阪に強いエージェントを選ぶのが一番いいようです。その他にも転職支援金をもらえるかどうかというのもポイントになってくるかもしれませんが、あれはあくまでオマケと考えるのがいいのではないでしょうか?他にもエージェントによっては、面接まで一緒に同行してくれたり、求人先を動画でみれたり、または、面接の前に見学する機会を設けてくれたりするところもあるそうです。それに、転職が無事すんでからもアフターケアをしてくれるようなところもあるそうです。こういった特徴の他に、ポイントとなるのが、コンサルタントの数です。やはり、数が少なければ、何人かをかけもちで担当しなければいけないと思います。そうなってくるとやはり質が低下してしまうといった危険性がありますよね?なので、十分な数のコンサルタントがいる方が安心できるでしょう。また、そのエージェントの実績というのもポイントになりますね。これは、転職させた人数が多ければいいというものではありません。あまりにも多いところは、質より量で、希望通りのところへいけていないといった可能性もあります。逆に、少ないところでも、看護師の満足度が高ければ、希望をかなえてもらえる可能性が高くなりますよね?

看護師の求人について4

皆さんは、転職支援金というのをご存知ですか?看護師の求人に応募すると転職支援金がもらえるというのを聞いたことがありませんか?正しくは、看護師の求人に応募するだけで転職支援金がもらえるわけではありません。どこの求人サイトから応募してももらえるというわけではありませんし、また、採用されて、働き始めてからでないともらえないところが多いようです。しかし、看護師専門の転職エージェントなどを利用すれば、転職支援金をもらえる可能性は十分あるようです。無料で利用できる転職エージェントなのに、無事転職ができれば、お金までもらえるなんてすごいですよね?転職支援金については、そのエージェントによって金額も期間も違いますが、一定期間、新しい職場で勤めないともらえないというところが多いようです。エージェントとしてもせっかく紹介した看護師がすぐに辞めてしまっては、今後、求人先との関係が気まづくなるでしょうし、こちら側もある程度の期間働かなければ、その職場のことをわからないと思います。なので、転職してから、これがイヤとかあれがイヤとかで、また新しい求人を探すのではなく、ある程度、そうですね、せめて3カ月は続ける必要があると思いますよ。ですから、転職支援金を支えに、嫌なことがあっても頑張って続けるようにしましょう。転職というのは、クセになってしまう場合があるのだそうですよ。何度も繰り返していれば、次の面接で採用される確率が減ってしまいますよ。